4回目のノウハウは相手に「その話を聞かせて欲しい」と言わせるテクニックです。

 

あなたはは、口コミネットワークビジネスのご経験はありますか?お友達にLINEや電話をして、なんとかアポをとって、お茶やセミナーにお誘いできたのに、当日ドタキャンされてがっかり、なんてことはありませんか?それでも知人友人を追いかけまわして、必死になればなるほど逃げられる。。。

 

 

オンラインではそのようなことはあり得ません。それどころか、その逆なんです。相手からこちらに来てくれるのが「普通」なのです。相手の方から「ビジネスに興味がある」「会って話が聞きたい」「資料が読みたい」「その話を聞かせて欲しい」と言って来てくれるのです。

 

事実、あなたもnanairoのLINEにに登録されて、ご自分の意思で読まれていますよね?オンラインで集客し見込み客を獲得していくこと口コミアプローチとは考えられない事がインターネットの世界では「普通」なのです。

 

相手からこちらに来てもらう事で、ビジネスへの参加率、サインアップ率が格段に上がります。当然のことですよね?

 

嫌がる相手に無理やりサインアップさせるよりも相手からこちらに来てもらう方がはるかにやりやすいのです。

 

では、なぜそんなことが可能なのでしょうか?それは、少しずつお客様に階段を登ってきてもらうからです。どういう事かと言うと、お客様は最初はネットワークビジネスに興味があるとは限りません。

 

それどころか、ほとんどの人が抵抗感を示します。または、先日お話しした「そのうち客」がほとんどです。

 

こういった方に突然「ネットワークビジネスをやりませんか?」とお誘いするのではなくて、まずは無料メール配信とか、LINE@配信など、無料配信で受講してもらうのです。

 

この無料配信では、絶対にネットワークビジネスの勧誘をしてはいけません。自社製品やビジネスプランの説明をしてはいけません。

 

 

あくまでも、お客様にとって興味のある、有益な情報を提供してあげるのです。これならば、お客様は登録しやすいですよね。

 

そして、翌日からそのメールアドレスやLINEに対してお客様にとって有益な情報を与え続け、信用を勝ち得て行くのです。信用が高まってきた時点で、次のステップに登って来てもらうのです。

 

それが、ビジネスの説明会だったり資料請求だったりします。そして、ようやく次はサインアップへとクロージングをします。

 

このように、お客様の方から少しずつ少しずつ、階段を登ってきてもらい、こちらに来てもらうのです。これだとお客様にも抵抗感がなく、自然で、かつ、成約率が高まるのです。

 

ネットワークビジネスの勧誘は、男女関係と似ています

 

好きな人と結婚したいならば、まずは挨拶から始まり、少しずつ会話をし、デートに誘い、お互いに信頼関係を築いてからプロポーズをします。会ったその日に「結婚してください」ではまず、無理。

私たちnanairoでは、この手法を使うことにより、ネットワークビジネスの未経験者はもとより、今まで口コミで苦労をしてきた人々でさえも、20年もオンラインで生き生きとダウンさんを獲得しています。

 

それでは、今までのセミナーの復習をしましょう。

 


復習

オンライン集客は、

1.ターゲットを絞り

2.ターゲットの悩みや問題点を明確にしてあげて

3.その解決方法を提示しつつ

4.解決策を知りたければメールアドレスやLINE配信を登録してもらう

 

という流れで、集客内容を組み立てていけば、がっちりお客様(リスト)が集まります。リストが集まったら、そのリストに対して定期的にメールマガジンや自動ステップメール、LINE配信をして信用を築いていきます。

あなたは先生です。

そしてお客様に少しずつ階段を登って来てもらい、最後は説明会や資料請求に導いて行きます。


 

いかがだったでしょう、お役にたてましたでしょうか?

 

明日は、オンライン、SNSを使った集客のやり方の動画配信をお届けいたします。

明日もまた惹き寄せLINEを必ず御覧くださいね!

 

 

 

 

ページの先頭へ