3回目の今日は、「お客様を教育する」と言うお話です。

 

あなたは、ネットワークビジネスでお友達やお知り合いにビジネスを勧める際に、お願い口調になっていませんか?ちょっと卑屈になったり、弱腰になったり、オドオドしながら、勧誘をしていませんか?

 

または、軽い口調で「一口噛んでみない?」みたいに言っていませんか?

 

オンラインで顧客を獲得したらそのようなやり方はあり得ません。あなたは、お客様の下の立場ではありません。

 

お願いしたり、弱腰になるほど、お客様はあなたから遠ざかります。オンラインではお客様(リスト)に対して教育をしていきます。

 

教育、というと少し偉そうですが、相手の役に立つ情報を提供していくのです。そう、オンラインでネットワークビジネスをするには常にお客様と対等に位置して、お客様から感謝尊敬される立場でいられるのです。

 

口コミのネットワークビジネスでは考えられないことですよね?

 

では、その「教育」とはいったいどういう事でしょうか?

 

それはリスト(メールアドレス)に対して自動ステップメールを送ったり、メールマガジンやLINE@で情報提供を発信するのです。そのメールマガジン、LINE@配信、自動ステップメールでは、お客様の喜ばれる情報を配信していくのです。

 

 

nanairoは20年もの間、スマホが存在しない時代から、インターネットというツールを使い、システムでのマーケティングを開発、構築し続け、お客様への情報配信をシステム化しています。

  

 

このようにお客様に教育することで、あなたの地位は上がり、信用されるようになり、次なるステップにお客様を誘いやすくなるのです。

 

次なるステップとは、そう、ネットワークビジネスに参加していただくための説明を聞いてもらう事です。もし、あなたがネットワークビジネスじゃなくて、お1人様社長で、コーチングやカウンセラーなどの事業家だったとしても同じことがいえるのです。

 

お客様に有益な配信がお客様を教育していくことに成功します

その時には、お客様はあなたのビジネスの話を聞きたくて聞きたくてしょうがなくなります。「お願いだから、その話を聞かせてくれ!」と懇願されることでしょう。口コミネットワークビジネスでは考えられないことがインターネットのネットワークビジネスでは起きているのです。

 


【本日のまとめ】

あなたはお客様から感謝尊敬される立場です。集めたリストに対してメールマガジンやLINE@配信を使い信頼を築き上げていきましょう。


 

次回は相手からこちらに興味を持ってもらうノウハウです!惹き寄せLINEを明日も御覧くださいね。

 

お楽しみに!

 

ページの先頭へ