2回目の今日のテーマは、極めて重要な内容です。

 

あなたは、ネットワークビジネスでお友達を勧誘する際に、苦労をしていませんか?そもそもお友達は何人いますか?

 

100人は軽くいるでしょうか?いえ、普通の人なら100人も友達はいないでしょう。

 

10人〜20人くらいが普通じゃないでしょうか。でもインターネットでは100人どころじゃなくて、簡単に1000人単位で友達が出来るのですよ。見込み客開拓には苦労することはありません。

 

しかも、完全無料で見込み客を集めることが可能なのです。

見込み客が集まってくるには何を使うのか?

 

・Instagram

・Twitter

・Facebook

・ブログ

・Youtube

・広告

 

これらを使えば無料でいくらでも見込み客を作ることが可能なのです。しかし、ただ知り合いになったり、お友達になるだけでは、相手の方はあなたのダウンにはなってくれません。

 

まず、あなたがオンラインで成功するには「リスト」を集めなくてはいけません。リストとは、「メールアドレス」『ライン@登録』を指します。

 

どのビジネスでもこのリスト(顧客名簿・見込み客リスト)が命の次に大事なのです。

  

 

リスト収集の重要性

江戸時代の商人は、顧客台帳を水に濡れても大丈夫な素材で作り、火事になったときには、まっ先に顧客台帳を井戸に放り込んで、後日井戸から引き揚げたそうです。店や商品は焼失しても、顧客台帳さえあれば、また商売が出来るというわけです。

口コミネットワークビジネスで言えば、顧客台帳とは友人100人リストです。こういったリストを積み重ねて増やすことが成功するためには大事なのです。

 

しかしオンラインでネットワークビジネスを成功するためには、これらのリストに突然ビジネスの勧誘はしません。なぜでしょうか?

 

理由をご説明します。お客様とは、

○ 今すぐに商品が欲しい人と、

○ 今は欲しくないけど将来は欲しくなるかもしれない人と、

○ まったく欲しくない人に分かれます。

 

見込み客とは、「今すぐ客」と「そのうち客」とに分かれます。でも今すぐ買ってくれるお客様は人数が少ないです。

 

ネットワークビジネスもそうですよね?すぐに参加してくれる人は少ないのです。

 

大事なのは、今は参加しないけれど、そのうち参加するかもしれない、と言う人(そのうち客)のリストです。そのうち客に対して、時間をかけてじっくりとアプローチしていくのです。

 

そうすることにより、多くの方が将来的にあなたのネットワークビジネスに参加する可能性が出てくるのです。リストには相手が拒否しない限り、何度でもアプローチが出来ます。

 

アプローチの回数が多いほど、相手はあなたに親しみを持ってくれやすくなります。(ザイオンス効果と言う)

  

 

リストがたくさんあるとあなたの成功の道は大きく開けます。リストを10人分持っている人と、100人分持っている人とでは成功の度合いに差が出ます。しかし、口コミのネットワークビジネスでは知人で100人も集めることは、実際は難しいのでは?

 

しかしオンラインでは、1000人でも、1万人でもリストは集まります。

 

オンラインの世界では人脈が尽きることはありません。だからnanairoは、オンラインの世界で20年以上も成功者を出し続けているのです。

 


【本日のまとめ】

リストは命の次に大事。

リストさえあればあなたはどの世界でも成功できる。


 

次回のノウハウもお楽しみに!

明日も重要なノウハウをお届けします。成約するには、とても重要な内容です!

nanairoの惹き寄せLINEを必ずみてくださいね。

 

 

 

ページの先頭へ