介護をしながらのネットワークビジネス成功って

現実問題、無理でした。。

ずっと家で面倒見ないといけないし、

ちょっと目を離すと徘徊するし、

泣くし、怒鳴るしで、

アポ取りとか、セミナー参加とか

無理無理無理!

 

申し遅れました。

亀井なおこと申します。

私の母は要介護4のパーキンソン病で在宅介護中です。

ネットワークビジネスは口コミで新規登録者にビジネスをお伝えする仕事。

介護で自宅から出るのが難しい私は思うように動けずもどかしい限りでした。

しかも興味のある友人ならまだしも、そうではない友人に伝えてしまうのも気が重たかったし。。

 

あなたもネットワークビジネスで権利収入を得たいのに、外に出かけたり人と会うのが難しくて。。

そんなことを悩んでいらっしゃいませんか?

 

介護をしていると格差社会の負け組に

私はそろそろ迫りくる老後の心配をしないといけませんが、介護をしていると、思うように仕事が出来ません。

また、介護にはたくさんのお金がかかります。

親のせいにしたくないのですが、「なんで私がこんな目に?」と泣きたくなる時もあります。

このままでは、格差社会の負け組になりそう・・・

 

そんなこともあり

ネットワークビジネスを始めることにしました。

でも初めて見たら、まー、大変大変。

マイペースで出来る、自宅でも出来ると言われましたが、とても介護しながら出来るものじゃないな、というのが実感です。

 

で、ネットワークビジネス諦めました!

おいおいおい!諦めるの早くね?

はい、早いです。

 

でも私が諦めたのは、口コミのネットワークビジネスです。

今は、オンライン集客型のネットワークビジネスをしています。

オンライン集客型って気になりますよね?

 

これは、文字通り、インターネットを使って私のネットワークビジネスに興味のある人々を引き寄せるマーケティング手法なのです。

これなら子育てをしながら、空いた時間にも取り組めるんです。

まさに、小さな子供を育てる救世主マーケティング!

 

でもどうやって集客すればいいのでしょうか?

気になりますよね?

次のページには私が取り組んでいるオンライン型の集客法が書かれてあります。

介護中の方にお勧めのオンラインMLM集客法とは?

 

 

ページの先頭へ